マイルを貯めて成田発タイ・バンコク行きANA・ユナイテッド航空のファーストクラスに乗りました!!

マイルを貯めようと思ったきっかけ

男_基本

私は学生の頃、余った時間を利用してよく海外に行っていたのですが、当初はあまりマイルのことを理解していなくて、貯めようと考えた事はありませんでした。初めて海外旅行へ行った後くらいに色々調べものをしていてクレジットカードでマイルを貯めることができるとわかり、せっかくだから利用してみようということになったんです。


その時に一番マイレージが貯まりやすいカードだと思ったのがセゾンマイレージプラスでした。通常、年会費は1,500円ですが、「マイルアップメンバーズ」というオプションプランに追加年会費5,000円で加入すると、ショッピング利用時にマイルが通常時の倍も加算されるようになるのです。

▼通常時
1,000円で5マイル獲得
 ↓ ↓
▼マイルアップメンバーズ加入時
1,000円で15マイル獲得=通常時の5マイル+加入時10マイル

 
使える航空会社はユナイテッド航空とスターアライアンスに加盟する航空会社27社(2017年7月現在)のマイルを貯めることが可能です。ただし、マイル換算率は提携会社であるユナイテッド航空が一番良いです。

どのように貯めていったか

マイレージプラスセゾンカードに加入してからというものネットショッピングや公共料金、コンビニやスーパー、通常時の飲食、飲み会やらの支払いもまとめ払いしまくりました。カードが使えるありとあらゆる支払いにこのカードを使用していました。

男_基本

キャンペーンや提携店、ボーナスマイル狙いなど決してマイルの還元率が良いものを選んでいたわけではなかったのですが、案外高速スピードで貯まっていくんですよね。むしろ、何もしないよりは多少なりとも何かが貯まった方が嬉しいという気持ちでクレジットカードを使っていた気がします。

マイルのために買い物をするというよりは、その当時はマイルを使った経験がなかったので、どれくらい貯まったら何ができると言うこともぼんやりとしかわかっていませんでした。それでもたまにクレジットカードの明細などを見て、徐々に溜まっているマイルの数字が目に入ると嬉しくなっていたのを覚えています。

どれくらい貯めてファーストクラスに乗ったのか

クレジットカード会社のサイトにログインしたとき大体5万マイルほど貯まっていると気が付きました。使用開始から2年くらいです。年間200万円弱をカード払いしていた計算です。それで貯まったマイルは何に使えるのか調べてみたんですが、ユナイテッド航空のタイ・バンコク行きであれば4万マイルでファーストクラスに乗れるとわかったんです。

男_基本

ビジネスクラスではなくてファーストクラスですよ!しかも往復で!

当時はユナイテッド航空限定で以下のような感じでマイルを交換できました。

  • エコノミー往復 20,000マイル
  • ビジネス往復 30,000マイル
  • ファースト往復 40,000マイル

ちなみにその後の規約変更により、現在マイルでファーストクラスに乗ろうとすると6~8万マイルも使わないと乗れません。しかも片道のみがほとんど。「片道エコノミー、片道ファーストクラス」「片道ビジネス、片道ファーストクラス」という感じにです。日付によってハイシーズンを外して探せばファーストクラスを往復で乗れるかもしれませんが、それでもレアケースです。

今までビジネスクラスも乗ったことなかったのに・・・

私もマイルを貯め始めた時は、自分がファーストクラスに乗るなんて全く考えもしていなかったです(ビジネスクラスすら乗ったことはなかったです)。

ただコツコツマイルを貯めていたら、ファーストクラスに乗れる分のマイルが貯まっていたので、
それならば乗ってみようということで、マイルでファーストクラスチケットをゲットし、初搭乗になりました。

それではその時のことを写真とともに振り返りながら書いてみます。

男_ご機嫌

みなさんもがんばってマイルを貯めて、ファーストクラスへ!
もう、ファーストクラスは夢ではないのです。

搭乗便はユナイテッド航空 成田発バンコク行き

私が利用した区間は、成田発バンコク行きのユナイテッド航空になります。
アジアとヨーロッパを旅する予定だったので、巨大なバックパックを担ぎ成田空港へ。
普通の電車で、出発の数時間前に空港に到着。

き、き、緊張してチェックインへ。
チェックインの場所が分からなかったので、通常のユナイテッド航空のカウンター近くの係員の人にチケットをみせると、
「こちらです。」っと、普通にエコノミーのチェックインカウンターに案内され並ばされそうになりました。
もう1度チケットを見せ、

「あのぅ、ファ、ファーストクラスなんですけども」っとおそるおそる聞き返してみると
「え?」っと驚いた顔で、私の顔とチケットを2度見し、

「こ、こちらになります。」っと平静を装いながら、ファーストクラスのチェックインカウンターへ案内してくれました。

男_基本

その時はこんなバックパッカーのような格好をしていたので係員の人はさぞ怪しんでいたことでしょう。

まぁ、見た目が見た目ですから、しょうがないですけどね。
あっという間にチェックインが終わり、優先レーンを通って中に入り、航空会社のラウンジへ。
ユナイテッド航空のファーストクラスのチケットを持っていれば、同じスターアライアンスのANAのラウンジも使うことができます。

出発の数時間前から空港に来ているのはこの2つのラウンジを満喫するためです。
ファーストクラスのチケットは飛ぶまでの時間も楽しく過ごせるのです。

飛ぶまでの時間をファーストクラス専用のラウンジ内で満喫

・まずはANAラウンジへ。
ラウンジの受付でチケットを見せると、ファーストクラスのラウンジに案内されます。広~い!

知らなかったのですが、ビジネスとファーストではラウンジが違うんですね。
とりあえず、ソファーに座り、ビールを注文。

いろいろな食事を楽しめる軽食コーナーへ。

ANAのラウンジでは、サンドウィッチや、お寿司、ケーキなどの軽食はもちろん、うどんやどんぶりなどを注文して食べることができます。
焼き鳥丼を注文し、軽食コーナーへ。

「食べちゃだめだ、食べちゃだめだ、まだUAのラウンジと機内食がまっている!」

っとぶつぶついいながら、寿司やサンドウィッチを自分のお皿に、手が止まりません。

 
その他にもスイーツや酒類も豊富に取り揃えられていて、ビール、ワイン、日本酒、焼酎と何でもありです。

そして、な、なんとシャワールームが使えたんです!私の中でのラウンジの目玉はシャワールームです!
成田空港でシャワーが浴びれるんですよ、すごくないですか?そんなことエコノミーのときは考えもしなかった。
受付でアメニティーグッズ(なんとL’OCCITANEロクシタン)を受け取りシャワールームへ。

 
清潔感あふれる広めの部屋で、快適に爽快にシャワーを浴び、最高の気分で、「いざ!ユナイテッド航空のラウンジへ」。

ユナイテッド航空のファーストクラスラウンジへ

まだまだつづくラウンジ紀行です。

男_ご機嫌

先ほどは次のラウンジもあるので軽くすませようと思いましたが、充実ぶりがすごく、くつろぎすぎてしまいました。

続いては「ユナイテッド航空のファーストラウンジ」へ。
こちらのラウンジは、かなりゆったりとした感じでANAのラウンジとはかなり雰囲気が変わります。ソファーやテーブルなどの豪華ファニチャーと、シーリングライトやスタンドライトの黄色光が織りなす柔らかな空間がいい感じです。

軽食類やビールサーバー、ワイン等の酒類も豊富。さっき、さんざん飲み食いしたのに、また飲みすぎてしまいました。下の写真は「またまたビールを注文してしまいました」の図。

そして、こちらにも、もちろんシャワールームがあります。
それならば浴びなければいけないでしょう!っということで本日2回目のシャワーへ。

こちらも清潔感があり、ゆっくりとシャワーを浴びることができます。
2回目のシャワーでしたし、すでに搭乗が始っていたので早々に切り上げ、やっとやっと飛行機へ。
もう、飛行機に乗るときには、もうすでにおなかいっぱいで、少し酔っ払ってました。

いざ、気を引き締め機内へ!

さぁ、ここからが本番です。気を引き締め案内された自分の座席へ。いや~広々としていますね~。
両手、両足延ばしても大丈夫なんです!リラックスできますわ~

初めて来る飛行機の先端部分、緊張しながら自分の座席を見ると、いきなり座席の横に「ウェルカムシャンパン」が置いてあるではないですか。

飛ぶ前ですよ!いや、まだ座ってもないですよ!シートベルトより先に!さすが「ファーストクラス」。
ワインやビールを飲み、こそこそ写真を撮っていると、ついに夕食タイム。
サラダやパンが普通の陶器の皿に乗って1個ずつ丁寧に出てきて、これが機内食かと感動。
メインのビーフは分厚いのに柔らかくジューシーでおいしかった。

さらに、デザートのアイスクリームには、わざわざチョコレートを目の前でかけてくれるサービスが!!まさにセレブ気分ですよ、セ、レ、ブ♪

食事の後は、座席をフルフラットにしてのくつろぎタイム。ワインを飲みながら、あとは到着を待つばかり。

このまま到着しなくてもいいのになぁなどと思ったりも。
もう至れり尽くせりでバンコクに着くまでの6時間ちょっとの間、大満足のフライトでした。

男_基本

ほんとにマイルを貯めたかいがあったと思います。1度はマイルでぜひ最高のフライトを楽しんでください。
普通路線の特典航空券よりは高いですが、ファーストクラスに乗る価値はあると思います。

今、この記事も読まれています。

ページの先頭へ